英会話を独学でまなぶには映画がいいこれだけの理由とは?

英会話は小学生の頃から習い、割と得意でした。でも、お決まりの定型文を覚えるだけで自分の気持ちやもっとラフな言い方がしたいと思い、好きな映画を観て、その言葉を覚えるという方法で勉強しました。

映画ならば日常生活の普段からの言い回しが溢れています。女の子がサラッと言う言葉や、親や兄弟と話す何気ない会話、友達と楽しくお喋りすることや悩みの相談、英会話のテキストには到底書かれていない、飾らないいつもの生活の言葉。たまに出てくる汚い言葉。

字幕で日本語を読みながら耳で英語を聞き、気に入った言葉はノートに書き出し、何回も観てそのまま覚えました。私はイギリス英語が好きなので、「ブリジットジョーンズの日記」を何回も観ていました。

教室に通って硬い表現を覚えるよりも、独学で自分に合った言い回しを身につける方が何倍も楽しいです。それに、なんだか自分が英語を話せていると嬉しくも思ったりもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です